<   2010年 06月 ( 2 )   > この月の画像一覧

20、30代男性8割「共働きしてほしい」 女性の「専業主婦願望」と大きな溝(J-CASTニュース)

 「専業主婦になりたい」という20、30歳代女性が増えているが、20、30歳代男性の8割が結婚相手に「共働き」を希望していることが、結婚相談所の調査でわかった。男女の考え方の溝は深まる一方だ。

 若い女性の専業主婦願望は高まっている。「第4回全国家庭動向調査」(国立社会保障・人口問題研究所)によると、「夫は外で働き、妻は主婦業に専念」という考えに「賛成」と答えた既婚女性が 1993年の調査開始以来、初めて増加に転じた。賛成派は、29歳以下が47.9%で、前回調査(03年)を12ポイント上回った。30歳代は41.7%が賛成で、7ポイント上昇。08年7月1日に調査票を配布し、有効回答を1万192票得た。このうち妻が回答した6870票を対象に分析した。

■「フルタイムで働いて欲しい」が増える

 しかし、オーネットが20、30歳代の未婚男性1135人に行った理想の結婚相手に関する調査(09年)を見ると、男女間でズレがあるのがわかる。

 40.4%の20、30歳代未婚男性が、「結婚相手にフルタイムで働いて欲しい」と答え、「派遣などで働いて欲しい」と答えた男性も38.9%にのぼる。8割が共働きを希望し、「専業主婦でいて欲しい」は25.1%だった。

 1999年に行われた同じ調査では、「フルタイムで働いて欲しい」は27.3%、「派遣などで働いて欲しい」は48.2%で、共働きを希望する男性は09年とさほど変わりはないが、09年のほうがフルタイムを希望する男性が大幅に増えた。

 大手結婚相談所「オーネット」の広報担当者は、

  「20〜30歳代前半の男性は親世代に共働きが多く、結婚後に女性も働くことが普通であると考えています。30歳代後半の団塊ジュニアは、公平、分担を理想としながらも、経済面は男性が請け負わなければならないといった責任意識を払拭できないでいました。しかし経済状況が悪化しているなかで、女性にも共同で担って欲しい、そうでないと結婚できないと、はっきりと主張し始めています」

と言っている。

■専業主婦になれる倍率はかなり低い

 また、09年の調査で「妻の収入が多ければ、専業主夫になっても構わない」と答えた男性は、20歳代が61.7%、30歳代は69.4%を占めた。

 専業主婦になりたい20、30歳代女性と、共働きを希望する20、30歳代男性。婚活の現場でも「ズレ」は生じているのだろうか。

 オーネットの広報担当者は、

  「結婚相談所を利用している女性は働いていることが多く、結婚後も働き続けることを希望しています。仕事に疲れたりして、専業主婦願望を抱く女性は増えているのかもしれませんが、実際に仕事を捨て、専業主婦を選ぶ女性は増えていないと現場から聞いています。若くして専業主婦を希望する場合、男性に経済力がなければなりませんので、かなり年上の男性を選ぶことになります。玉の輿はレアケースだと思います」

といい、願望はあっても実際に専業主婦になる女性は少ないらしい。裏を返せば、このご時世に専業主婦になりたくても、なかなか願いはかなわないということだろう。


■関連記事
20、30代女性の専業主婦志向高まる 女は「家事プラス趣味」がいい : 2010/06/03
20代女性に強まる「専業主婦願望」 理由は「働きたくない」「ラクしたい」 : 2009/06/08
結婚相手の年収は高い方がいい やはり女性は「カネ」が大事? : 2009/04/24
老後の生活防衛に秘策 「ビアジェ」って何だ? : 2010/06/09
同僚の男の子と「先輩以上恋人未満」の関係になりたい : 2010/05/27

交通事故死、半数が高齢者(医療介護CBニュース)
学校早退しひったくり、容疑で中3生2人逮捕(読売新聞)
デパ地下のスイーツブーム牽引した“経営者” 初の工房付き店舗導入(産経新聞)
谷垣総裁「目標40議席台」弱気と批判続出(読売新聞)
群馬県議会がツイッターで情報発信 都道府県議会では全国初(産経新聞)
[PR]
by qmyluprl5t | 2010-06-19 05:16

<CO中毒>ホテルの4人を書類送検 山口県警(毎日新聞)

 山口県美祢(みね)市のホテルで1人が死亡、5人が負傷した一酸化炭素(CO)中毒事故で、山口県警は7日、ホテルの総支配人だった北九州市門司区の男性(61)や美祢市のボイラー設置業者(67)ら4人を業務上過失致死傷容疑で山口地検に書類送検した。

 09年6月2日午後5時半ごろ、同市秋芳町の山口秋芳プラザホテル(現在は廃業)で、大阪府高槻市の小学校の修学旅行に同行していた京都府木津川市のカメラマン、川副浩明さん(当時26歳)がCO中毒死。男性教諭(50)や同行の看護師(24)ら5人がCO中毒による重軽傷を負った。県警は原因について、ボイラーの不完全燃焼で高濃度のCOが発生、煙突に金属製のふたがされていたためCOが排気管の亀裂から室内に漏れ出したとしている。

 容疑は、元総支配人について、事故発生前の09年4月18日、客室内を点検中の男性従業員がCO中毒とみられる症状で倒れる被害があったにもかかわらず、原因を調査しなかった▽北九州市門司区の元支配人(55)は、煙突のふたの有無を確認せず漫然とボイラーを稼働した▽ボイラーの保守管理担当の元従業員(62)は、ボイラー内にスポンジ製フィルターを混入させた▽設置業者は排気管をふたがついた煙突につないだ−−とし、これらの複合で事故を引き起こしたとしている。県警によると、元従業員を除き容疑を認めている。【佐野格】

【関連ニュース】
ホテルCO中毒死:業者らを書類送検へ…山口県警
CO中毒:父子が死亡 車内で練炭使い焼き肉?名神PAで
パロマ工業中毒死:元社長ら有罪確定 被害者母「悔しい」
山陽新幹線:作業員がCO中毒 「六甲トンネル」内で
パロマ工業中毒死:元社長ら控訴せず 有罪確定へ

民主党の次期代表選は4日実施…幹部が見通し(読売新聞)
鳩山首相が辞意 閣僚明かす(産経新聞)
梅酒用の青梅漬け込み開始 大阪のサントリー工場(産経新聞)
中核派3人に有罪=迎賓館迫撃弾、差し戻し審―東京地裁(時事通信)
覚醒剤所持容疑、済生会福岡病院の医師逮捕 「使うため持っていた」(産経新聞)
[PR]
by qmyluprl5t | 2010-06-08 13:40