<   2010年 03月 ( 15 )   > この月の画像一覧

民主 参院選複数区で候補擁立難航 週内に発表(毎日新聞)

 民主党の小沢一郎幹事長は1日、党役員会で次期参院選の公認候補者を週内に発表する意向を示した。小沢氏は改選数2以上の選挙区では、複数の候補者を擁立する方針。しかし、小沢氏自身の「政治とカネ」の問題で求心力が低下し、選挙情勢が不透明になる中、各都道府県連の抵抗は強く、どこまで調整できるかが焦点になっている。【高山祐】

 小沢氏は役員会で「10年度予算案の衆院通過を控えており本日の発表は見送ったが、今週中に調整し役員会と常任幹事会を開いて決めたい」と述べ、2日に予算案が衆院を通過した後に発表する考えを示した。

 小沢氏が複数候補擁立を目指すのは、民主党の単独過半数獲得という建前に加え、候補者同士が競い合うことで地盤の掘り起こしが必要と判断しているためだ。

 先月27日、福島市の会合で小沢氏は「私は憎まれているが、(民主党の単独)過半数を狙うには候補者も過半数立てなければいけない。さらにもう一人、皆さんの力で国会に送っていただきたい」と理解を求めた。

 改選数2の岐阜選挙区では現職候補に加えて自民党の松田岩夫参院議員の元秘書を擁立した。松田氏は小沢氏とともに93年の新生党結成に参加した経歴があり、党本部主導での「2人目」の候補擁立だ。だが、共倒れの危険性もあり、自民党と長年議席をすみ分けてきた地方県連は小沢氏の方針に消極的で、愛知、静岡、福島などで2人目の候補者が決まっていない。

 1日には、民主党の小林千代美衆院議員陣営に不正な資金を提供したとして、北海道教職員組合(北教組)幹部らが逮捕された。

 「政治とカネ」の問題が深刻化する中、小沢氏に近い党幹部は「週内に複数区で複数候補をすべてまとめて発表するのは無理だ」とあきらめ気味に語った。

【関連ニュース】
小林氏陣営違法献金:北教組幹部ら4人逮捕 札幌地検
志位委員長:北教組の違法献金問題に言及
小林千代美議員:北教組が1600万円違法献金の疑い
小林氏陣営違法献金:小林議員、説明なく去る…北教組逮捕
小林氏陣営違法献金:日教組書記長「極めて残念」

チリ地震 日本人1200人が在住(毎日新聞)
三遊亭楽太郎さん 六代目円楽を襲名(毎日新聞)
<海難>台湾漁船から機関長が不明に 宮城の金華山沖で(毎日新聞)
<線香>ありがたさ倍増? 2ミリの般若心経(毎日新聞)
<のぞみトラブル>オイル漏れ感知せず(毎日新聞)
[PR]
by qmyluprl5t | 2010-03-07 15:00

<登山>男女3人、山中で一夜 宮城・山形県境(毎日新聞)

 1日午後5時10分ごろ、宮城、山形県境の船形山(標高1500メートル)に宮城県大和町側から登山していた男女3人のグループから「下山途中で道に迷った、と連絡があった」と家族が県警大和署に届け出た。同署などは2日早朝から約20人態勢で3人の捜索を開始したが、同日午前7時ごろに再びグループから家族に「3人とも無事」と連絡があった。3人は山頂から約4キロ下った蛇ケ岳付近でとどまっているとみられ、捜索隊は合流を急いでいる。

 同署によると道に迷ったのは▽仙台市泉区長命ケ丘東、無職、庭野勲夫さん(70)▽同区加茂4、同、田中義宗さん(73)▽多賀城市東田中1、佐野千枝子さん(63)。3人は1日午前8時ごろ、日帰り登山の予定で大和町の船形山旗坂キャンプ場から入山。午後5時ごろ、庭野さんから妻に「山頂から下山途中で道に迷った」と携帯電話で連絡があり、妻が110番していた。【鈴木一也】

【関連ニュース】
遭難:73歳男性ら4人迷う 宮城・山形の船形山
山岳遭難:山スキーの4人を発見 長野・栂池高原
山岳遭難:山スキーにでかけた4人不明に 長野・栂池高原
北ア・奥穂高岳:1遺体を収容 男女3人遭難
行方不明:山スキーの4人、連絡取れず−−長野・栂池高原

北教組、08・09年度の会計書類隠ぺいか(読売新聞)
「連休前に総裁は決断を」 自民・河野氏が執行部一新を要求(産経新聞)
残業時間、18カ月ぶりプラス=生産持ち直しで−厚労省1月調査(時事通信)
首相と小沢氏、午後に会談 政治とカネ、介護制度改革もテーマに(産経新聞)
【25%の危機】(上)迷走する国民不在の論議(産経新聞)
[PR]
by qmyluprl5t | 2010-03-05 23:36

スカイネット航空、点検漏れで厳重注意(読売新聞)

 スカイネットアジア航空が運航するボーイング737―400型機の3機が、国土交通省が航空会社に対して求めている点検をしないまま、最大で631時間にわたり運航していたことがわかった。

 国交省は24日、スカイネットアジア航空を厳重注意した。

 同省によると、点検漏れがあったのは、発電機の制御装置や、離陸時の警報装置など。

 来月の整備計画を立てる作業の中で、点検漏れが判明したという。

50年前に「九死に一生」経験 88歳の大津波避難民 岩手・大船渡(産経新聞)
愛知県警警部補を逮捕=事件被害者にわいせつ容疑(時事通信)
第58回全日本大学サッカー選手権大会
<警察庁>国際犯罪に対策室設置 中・韓と連携強化(毎日新聞)
<1票の格差>東京高裁判決 「違憲」明言なしに原告不満も(毎日新聞)
[PR]
by qmyluprl5t | 2010-03-04 03:48

<10年度予算案>年度内成立へ 3月2日衆院採決(毎日新聞)

 民主党の山岡賢次国対委員長は26日、自民党の川崎二郎、公明党の漆原良夫の両国対委員長と国会内で会談し、10年度予算案と国税・地方税の10年度税制改正関連法案などを3月2日に衆院本会議で採決することで合意した。予算案は同日中に与党の賛成多数で衆院を通過、参院に送付される。憲法の規定により、予算案は参院送付から30日で自然成立するため、年度内に成立する。

 会談では、(1)3月1日に衆院予算委員会で、民主党が都道府県連に通知した公共事業の実施場所(個所付け)の仮配分問題をテーマとする集中審議を実施(2)同2日の衆院本会議で予算案と税制関連法案などを採決する−−などを明記した「確認書」に署名した。

 自民党は当初、閣僚に対する不信任決議案などを提出し、採決を遅らせる戦術を検討していた。しかし、1日の集中審議を提示され、2日採決を容認する姿勢に転じた。【近藤大介、木下訓明】

【関連ニュース】
衆院予算委:自民党が分科会欠席
国会:24日も与野党が対立 自民は衆院の全委員会を欠席
自民党:衆院すべての審議拒否 支援候補当選は追い風?
長崎知事選:民主敗戦…「政治とカネ」問題が足かせ
10年度予算案:大阪、新潟で公聴会開く 衆院予算委

森元首相が不適切発言=長野で羽田元首相に関し(時事通信)
<首相公邸>改修費は474万円 鳩山首相の転居時(毎日新聞)
社会資本審委員、大幅入れ替え=新任10人、政策転換をアピール−国交相(時事通信)
エチオピア産「モカ」販売再開 メーカー3社が一般家庭向けに(J-CASTニュース)
紀勢線の運転取りやめ=JR西日本(時事通信)
[PR]
by qmyluprl5t | 2010-03-02 20:47

インフル対策、当面は実施継続―厚労省(医療介護CBニュース)

 新型インフルエンザの流行について、厚生労働省健康局結核感染症課の中嶋建介・感染症情報管理室長は2月26日の記者会見で、「峠は越えている」との認識を示したものの、当面は現行の対策を継続する方針を示した。

 インフルエンザ定点医療機関当たりの全国の患者報告数は、15-21日の週は1.76で、前週より1.05ポイント減った。全国的な流行入りの指標となる1.0を、次週にも下回る可能性がある。

 中嶋室長は会見で、定点当たり報告数に地域差があるため、「一様にピークアウトしたかは(判断が)難しい」との見解を示した。また、最近でも毎週、新たに100人以上が入院し、死者も発生していると指摘。世界的な大流行(パンデミック)が最悪期を脱したとの判断を見送ったWHO(世界保健機関)が、引き続きサーベイランスを実施するよう強調していることもあり、「直ちに手だてを緩めることは難しい」と述べた。

 中嶋室長は会見後、記者団に対し、定点医療機関からの患者報告や休校数の把握は平時にも実施しており、新型インフルエンザの発生を受けて新たに始めたサーベイランスは、▽入院患者の数や症状の把握▽医療機関などでの集団発生の把握▽死亡例の迅速な把握―の3つだけだと説明。これらを取りやめれば、再流行の始まりの把握や、次のパンデミックとの比較が難しくなると指摘した。


【関連記事】
インフル流行、警報地域無くなる―患者数4週連続減
入院が5週、休校が4週連続で減少―インフルエンザ
依然ほとんどが新型も、B型が微増―インフルエンザで感染研
低い死亡率、少ない妊婦患者―新型フル、日本は特異?
急増するインフルエンザ脳症、8割以上が新型で発病―国立感染症研究所

専門学校設立名目で600万詐取=容疑で元校長逮捕−警視庁(時事通信)
雑記帳 声優の水樹奈々さんが「新居浜ふるさと観光大使」(毎日新聞)
警察官夫婦、通勤中にお手柄=盗撮容疑で会社員男逮捕−警視庁(時事通信)
<社民・国民新>民主に幹事長会談を要請へ(毎日新聞)
<雑記帳>紅白ガニ「めでたい」と水族館の人気者に(毎日新聞)
[PR]
by qmyluprl5t | 2010-03-01 16:26