1890年に沈没トルコ軍艦、錨はどこに?(読売新聞)

 和歌山県串本町沖で1890年に沈没し、乗組員が地元住民らから手厚い救護を受けたトルコ軍艦「エルトゥールル号」の錨(いかり)(推定長さ4・5メートル、重さ2トン)の探索作業が8日、沈没地点近くの海底(水深約7メートル)で行われた。

 エ号にはオスマン帝国の使節が乗り込み、明治天皇を表敬した帰途に沈没。2008年からの遺品調査では、調理鍋など約4600点が見つかっている。

 この日は、これまでの目撃情報を基に、地元ダイバーら10人が沈没地点の南東約50メートルの海底を調べた。

まさあきのブログ
お通の恋心
債務整理無料相談
ショッピング枠現金化
クレジットカード現金化 比較
[PR]
by qmyluprl5t | 2010-01-13 18:57
<< 「私の政治団体問題申し訳ない」... 明石歩道橋事故 検察官が意見陳... >>