トラフグ初競り 下関(産経新聞)

 山口県下関市の南風泊市場で4日未明、新春恒例の初競りが行われ、天然トラフグ約2トンを含む計約17トンのフグが次々と競り落とされた。

 競り人は半袖姿で「ええか、ええか」と掛け声を張り上げ、筒状の袋の中で指を使って値段を示す独特の「袋競り」で仲買人と取引値を交渉した。消費低迷の影響で、最高値は昨年より1万円安の1キロ1万2千円。関係者は「今年は寅年なので、多くの人にトラフグを食べて元気になってほしい」と話していた。

ツイッターlivedoor Blog バージョン
シンプルな生活の秘訣
無料携帯ホームページ
クレジットカード現金化 即日
ショッピング枠現金化
[PR]
by qmyluprl5t | 2010-01-08 15:57
<< <普天間移設>沖縄知事「県外」... <つるの剛士さん>「2カ月間育... >>