石綿被害で首都圏の建設労働者が2次提訴(産経新聞)

 建設現場でアスベスト(石綿)を吸い込んで中皮腫などの健康被害を受けたとして、首都圏の建設労働者や遺族が23日、国と建材メーカー44社に1人当たり3850万円の損害賠償を求め、東京・横浜両地裁に2次提訴した。東京地裁で提訴したのは計145人で請求額は計約53億9千万円、横浜地裁は計38人、約13億8600万円。

 原告側は「国やメーカーは石綿の危険性を知りながら、対策を取ってこなかった」などと指摘。「今後も被害の発生が確実視されている。国とメーカーは被害対策をとるべきだ」などと訴えている。

 問題をめぐっては平成20年にも、計約220人の建設労働者や遺族が両地裁に提訴し係争中。

【関連記事】
「画期的裁決だ」中皮腫で死亡の教諭遺族が涙 アスベスト公務災害認定へ
学校のアスベストで中皮腫 教諭が全国初の公務災害認定へ
アスベスト被害で2400万円賠償命令 介護に慰謝料初認定 大阪地裁
京都の建設労働者がアスベスト被害者の会設立へ
石綿禍、2審も原告勝訴 近鉄に賠償命令

首相動静(4月20日)(時事通信)
介護施設の研修の実情を調査へ−介護人材養成在り方検討会(医療介護CBニュース)
仕分け対象の独法決定=47法人、151事業−刷新会議(時事通信)
美浜2号機、手動停止へ=ヨウ素濃度上昇−福井(時事通信)
口座詐取で道職員逮捕=「ヤミ金に譲渡」−北海道(時事通信)
[PR]
by qmyluprl5t | 2010-04-27 19:23
<< 介護マンション詐欺容疑、会社社... 男児ポルノサイト主宰者、東南ア... >>